読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

あったかい食事。

核家族では、

少しの食事を作るのは割高だ。

少しだけ炊いた飯はあまり美味くはないし、

食材も余り気味。

だから「中食」が重宝される。

もし近所に香港の屋台みたいなのがあったなら、

私は是非利用したい。

屋台の食器も屋台のおっちゃんも、

お世辞にも清潔とは言えなかったけれど、

大腸菌よりも私の胃散の方が勝ってたみたいだし、

安い食材でも、

作りたてのものはやっぱり美味しい。

そうそう、

ザルで運ばれて来る仕出し弁当のおかずは、

いつも虫だらけの野菜炒めのお皿があったっけ。

職場のみんなは誰一人としてそれに文句を言う人はなく、

疑問にも思わず、

車座になってご飯を食べたっけね。

今思うと、あの頃の中国は、農薬使用もまだほどほどだったのかもしれないなぁ。

食事は、

大量調理した方が効率が良い。

けれど、大量生産したものには抵抗がある。

それは、工場で作られているからだ。

チンしたものはイマイチだし、

それに、栄養も少ないそうだ。

ある栄養士の本によると、

料理には、調理した人の愛が入っているそうだ。

料理には、調理した人の、小さな小さな細胞が入っていて、それが食べた人の力になるのだと言う。

酵素の本にも似たようなことが書いてある。食材に、人の細胞が入ることで酵素になり、それを食べた人の免疫力を上げるのだと言う。

糠床が混ぜる人で味が変わるのは、なるほど、そういうことだったのか。

愛情の隠し味とか、お袋の味とかいうものは、

作り手の、目に見えない程の小さな、小さな身体の一部だったのか。

、4.