読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

集団的自衛権と国民投票法となぜか母

朝、というか昼だけど、

今日は嫌なニュースで始まった。

昨日、というか一昨日眠れなくて、午前2時か3時頃少し寝て、すぐに起きた。

午前3時、突如として母のことが嫌いになった。

いや、嫌いになったというのとはちょっと違う。

執着しなくなった、というのだろうか。

一番近しい表現は「恋が醒めた」という感じ。

愛が冷めたのでもなく、

目が覚めたのでもなく、

恋が醒めた、という感じだ。

今まで、なんであんな女が良かったんだろう、

という男の気持ちだ。

もう二度と会えなくても良い。

死に目に会えなくても良い。

葬式も出してやりたくない。

葬式にも出たくない。

どこか遠くに引っ越して暮らしたい。

今までに無い感覚に戸惑って、

朝6時過ぎまで泣いた。

昨日の昼は時々泣いて、

夕方お菓子を沢山食べてごまかした。

昨夜も眠れず、朝になってやっと少し寝て、

どんよりした頭で視たニュースが、

集団的自衛権とやらと、

改正国民投票法とやらだ。

もう今日は諦めよう。

やることは沢山あるけれど、

好きなものを食べて、

ゆっくりしよう。