読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

内から外へは行かずに中へ。

昔から、

男も女も(そして子どもも)昼夜働き続けていた香港では、

屋台でご飯を食べることが一般的になった。

日本では、

勤め人が増えた時代に、

専業主婦というのが出現して、

家の中で、家事や子どもや年寄りや病人の世話だけをやる女性、というのが都会を中心に増えて行った。

家からは土間や縁側が無くなって、

コンクリの中に住む世帯が増えて行った。

そして、

縁側の無い家の中から、

汲み取り便所が消えて行くのと同時か、少し遅れて、

年寄りや病人が家の中から消えて行った。

やがて、

「中食」と呼ばれる、それまでにないことばが出現した。

総菜や弁当を買って帰って、家で食べるのだ。

外食と自炊(内食)の中間だから、

「中食」と言うらしい。

お父さんだけが「勤め人」だったものが、

お母さんも「勤め人」になった(関連)ので、

「中食」は多くの人々から重宝されているのだそうだ。

かつて、

インスタントのポタージュスープが売り出された時、

全く売れなかったそうだ。

それでスープの会社は、

「鍋にスープの粉と牛乳を入れて、一煮立ちさせましょう」と宣伝した。

全く売れなかった粉末の「スープの素」が、爆発ヒット商品になったと言う。

この「一手間」の強調(CM)が、

――お湯を注ぐだけで飲めるスープを鍋に移して調理まがいのことをする――と言った演出(CM)が、

インスタント=手抜きに抵抗があった主婦の罪悪感を和らげ、免罪符になったと分析していた人がいる。

今、居間のテレビでは、

買って来た総菜でも、「一手間」かければほらこんなに美味しく!

とか、

面倒な煮物も、「一手間」省けばほらこんなに楽にできます!

など、

「一手間」を巡るヒジョーにビミョーな駆け引きが繰り広げられている。

かつてのジェンダーとその亡霊は、一部の成功者を除いて、今も多くの女性達の手足にまとわりついて、彼らの手枷足枷になっているのかも知れない。

……香港の屋台では、今夜も沢山の人が半裸でご飯を食べているのだろう。

、2、