読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

10年以上遅れている人生だけど

子どもの頃、友達と遊んで夕方バイバイする、

みんな、私とバイバイできていいなーって、

ぽつんと私と共に取り残された、あの夕暮れ。

” 私が私でなければいいのに ”

というのは、

望んではいけない罰当たりなこと。

それを、無自覚に求めていたのは、

幼き頃は無力と無知

そしてその後訪れた思春期の病だったのだろう。

陽が暮れても陽が昇るように、

自分は結局、自分にしかなれないのだと、

いつかは容赦なく思い知る訳で、

結論として、結果として、私は別の人間にはなれないので、

どうしょうもない自分とつきあっていくしかなくて、

ながいながい螺旋階段を登ったり降りたりしながら、

だましだまし自分を変えていくしかなくて、

人格というものは形成されなくても厄介、

形成されても厄介なものだと思います。

多分、シゴトも人も、カタチにするまでよりも、

それからの成熟の方が肝心で、

じわりじわりと己を受け入れながら、

己を騙して、

私じゃない誰かじゃない、

けれども私じゃない私にしてかなきゃならなくて、

その道のりはまことに地味で、しんどい作業ですね。

ーーーーーー

僕は他人(ひと)より10年遅れています。

○○さんも、10年遅れてますよね。

と10年前(正しく言うと9年、いやそれとも8年前か?)に言って下さった、

恩師の明日は一周忌。

感謝を込めて。

(多分、本当は20年くらい遅れてる)