読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

火垂るの墓(映画)

小説「火垂るの墓」が筆者、野坂昭如氏の亡き妹様への鎮魂ならば、 映画『火垂るの墓』は、「その時」子どもだった氏への許しではないかと私は思うのです(関連記事)。 ------ スタジオジブリ草創期作成の映画。 原作は「ソ、ソ、ソークラテスかプラトンか」の野坂昭如氏、 監督は「パンコパ」高畑勲氏が手がけています。 今ではお二方とも「火垂るの墓」の、とご紹介した方がピンと来ますよね、お二人にとってそんな作品だと思います。 また、「4歳と14歳で、生きようと思った」というコピーは糸井重里氏だそうですね、恥ずかしながら最近知りました。 ちなみに、公開時は『となりのトトロ』との同時上映でした。 『火垂るの墓』で打ち震え、まだ気持ちがえもーしょなるの只中で劇場中に鳴り響いた、「となりのとっとろ♪とっと~ろ♪」というテーマソング、今でも耳に鮮明です。 ※ この2本、まとめてブルーレイになったそうですね! ------- <関連記事> ・ 少年H(映画)プチブル、しかし不快感は無し。─『少年H』感想1再現された空襲と焼夷弾─『少年H』感想2不死鳥…世相を反映した演出─感想3「4歳と14歳で、生きようと思った」 ・ [火垂るの墓(映画)](このページです) の画像