読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

さようなら、北杜夫&遠藤周作

8月13日~14日、

汗をダラダラ流しながら荷物の整理。

実家の荷物が危うい、危ういと思いつつ、先送りにしまくってましたが、今年こそパンドラの箱ダンボール箱)を開けました。

出てくるのは本、資料、メモ、写真、手紙のいずれも紙、紙、紙。

兎に角、紙。

女子らしい荷物なんてひとっつも出て来やしない。

捨てる物はほぼ捨てて、今年は終に本の整理に踏み切りました。

さようなら、北杜夫遠藤周作

やっぱりさよならなんて出来ないよ、昭和42年、野坂昭如夏目漱石

野坂・漱石の本はそれぞれかなりダブっているのにまた全部箱に詰め、一冊づつしか持ってない北・遠藤を古本屋に出す。

でも、きっと売れやしないだろう。

21世紀、まさか本を処分する世の中になるなんて。

<関連記事>

戦争童話集(本の紹介)

『戦争童話集』(本にまつわる日記)

・ さようなら、北杜夫遠藤周作(このページです)