読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

遅ればせながらTDLにある、新しい「スター・ツアーズ」を体験して参りました。 今度の「スター・ツアーズ」は3Dです。 そして、「シーンごとに用意された複数のシナリオがランダムに選択され、50通り以上の組み合わせでストーリーが展開します。」だそうです。 ------ 彼の感想ではライトスピードとか、より良くなってるそうです。 が、私は思ったより…でした(;_;) 今回はR2だけでなく、C-3POが一緒ってとこは嬉しかったですが、3Dがちょっと苦手ってこともあり、「前の方が良かった」が率直な感想でした。ごめんなさいm(_ _)m これはやはり…アレですね、例の「昭和42年生脳」のフィルターのせいだと思います。 旧型のスター・ツアーズでは、楽しい宇宙旅行に行くつもりが、何の因果か反乱同盟軍と帝国軍との戦闘に巻き込まれてしまい、最終的にはXウィングやYウィングと共に決死の任務に着く…っていう、大変無理のあるストーリーだったのですが、 そんなこと全くカンケイありません! 頭の中はもう、小6のあの日、 初めて観た「スター・ウォーズ」のクライマックス、デススター内での空中戦にタイムスリップしちゃってんですから! 50通り以上のストーリー展開?要りません。いいんです!マンネリで!! 毎回、毎回、同じストーリーだけど、全く飽きません!だって気分はもうルーク・スカイウォーカーなんですから! 「昭和42年生」の私にとって、旧型の「スター・ツアーズ」はルークになれるけど、新型は旅客のままでした。 「昭和42年生脳」の脳内映像は3Dメガネを越えている様です。 の画像