読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

戦後を知らない子ども達。

戦争を知らない子ども達。

私は「昭和42年生」年生ですから、もちろん戦争は知りません。

けれど、「戦後」は知っている最後の世代かもしれません。

朝ドラの焼け跡の風景を見て、

どうしたって「戦争」を感じられないのは、

自分が育つ間に見て来た風景よりも、

ずっと小綺麗だからかも知れません。

テレビの中の「戦時中」よりも、

私が知ってる昭和の景色の方がずっと汚いし、不潔。

小学校のボットン便所には蛆がわんさか湧いてたし、

新宿南口方面は、なんとなく近寄れない、怖いエリアだったし、

池袋駅前には負傷兵が居たし、

校長先生は地雷で吹っ飛んだ戦友の話をしてくれたし。

テレビの中の「昭和」は、

まるで外国の家電のようにもて囃されたレトロな家電、

パーマネントにワンピース。

なのに玉子焼きを粗末に食べて、

地面は真っ平ら。

砂埃すら立たない。

そういうのも、

「戦後を知らない子ども達」世代の人達が

映像やセットを作っているからなのかなぁ。

汚いもの、

不便なもの、

不浄なもの、

忌むべきもの、

ケのもの、

あの人達は、

そういう感覚が絶対的に欠落しているんじゃないだろうか。

---

※ 写真は全く関係ないけど。

戦後を知らない子ども達。の画像