読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

五輪閉会式で暗くなる。

リオ五輪が幕を閉じました。

閉会式後半、

五輪旗が日本に渡り、君が代の合唱が流れ、

その後は東京五輪のショーでした。

……悪く無いんだけど正直ガッカリ。

開会式が緑いっぱい、平和いっぱいムードだったのに対して、

TOKYOは近未来都市と夜のイメージ。

TOKYO=テクノポリス

というイメージは、その昔、YMOが発信したもの。

そこから時が止まってる。

椎名林檎さん監修という音楽も、

グラマラスなんだけど、それも所詮、グレンミュラーの真似事、

アメリカンナイズされた末路を露呈しているだけ。

つまりはみんな「西欧から見たジャパネスク」、

みんなが期待しているTOKYO全開、

何をそんなに媚びなきゃならんのか、

それとも、

これを手がけている人達は、

もう既に私と同じ日本人じゃ無くなっているのか。

日本はもともと自然と共に生きてきた国。

山も川も神様だった国。

自然と共存して来た国なのだから、

開会式のメッセージ(緑と平和)に呼応したショーができたはず。

極めつけは安倍晋三

電通の媚び売り丸出し。

大観衆の中心で手を上げる我が国の総理は、

失礼ながらヒトラーにそっくり。

TOKYO 2020、お先真っ暗な気分です。