読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

7/12・歴史に立ち会った瞬間。(都知事選)

火曜日、鳥越俊太郎さんが都知事選への出馬の意向を示すべく、記者会見を行った。

櫻井パパに護ってもらった大手民法4局は、それを中継し、スタジオでは「野党分裂」を印象づけるコメントを繰り返し行っていた。

私は民法と、ネット中継を同時に点けていた。

鳥越さんの表明が一通り終わって、これから質疑応答という段になった所で、何か耳打ちされた鳥越さんが舞台裾を見るなり「ハハハ!」と笑った。

古賀さんさんがいらっしゃいました~皆さん!古賀さんがどうしてここにいらっしゃるのか、僕もわかりません!」

司会の女性も、あれ、ほんとだ!という感じで「ハハハ」と笑っておられる。

本当に突然現れたのだろう、正に「ひょっこり」と古賀さんが立っている。

鳥越さんに促されて舞台中央まで歩いてきた古賀さんは、差し出された鳥越さんの手をガッチリ握り、記者団に向かって、「私は以前から鳥越さんを応援して来た」旨をハッキリと伝えた。

「野党分裂」の印象を払拭する、天晴れな行動だった。

鳥越さんの質疑応答が終わる直前、

今度は、ジャーナリスト上杉隆さんの出馬表明会見が開始された。

こちらは大手民法では放映されず、ネット中継のみでの視聴になる。

鳥越さんと比べて閑散とした会場。

しかし、上杉さんの会見は、長い語り口でふるわない。おまけに司会からは、後ろもあるのでもう切り上げて欲しい、という催促まで来る始末。

普段の上杉さんからは想像も付かない、笑いを挟まない真面目な会見だった。

彼は、マスコミへの華々しい「お披露目」ではなく、都民に語りかけるような地道な「政策表明」を行ったのである。

上杉さんの会見が終わり、質疑応答になった。

会場で挙手しているのは只一人だけ、それが古賀さんだった。

鳥越さんが会見を行っているホテルから、上杉さんが会見している都庁まで移動して来ていたのだった。

しかし、上杉さんも古賀さんの名前を出さず、古賀さんも名乗らず、カメラは古賀さんの後ろ姿だけを映している。

ネット中継のコメントを見る限り、それが古賀さんだと気付いている人は少ない。

古賀さんは、鳥越さんの会見場と同じことをたずねる「野党共闘は視野にあるか、それに応じる意思はあるか」。

上杉さんは、「もちろんある、オープンな場でやりたい」と応えた。

古賀さんは本当に真の意味での官僚なんだなぁと感じた。

裏方や下働きが出来る人だ。

この古賀さんの働きは、後世、語り継がれる出来事になるんじゃないか、

いや、語り継がれなくても、私の胸には刻んでおこう、と思った。

上杉さんの話では、官僚を辞めた時に退職金を辞退したということだが、本当に誠実な人だと思った。

会場は、その後質疑応答に入ったが、今度は記者達が冴えない。

鳥越さんの会見で意気揚々と揚げ足取りをやってた記者達が(まぁ、同じ人ではないが)今度は逆に、上杉さんの「政策」があまりに詳細なため、記者達がツッコミたくてもツッコめないでいるのだ。

ところが、この地味だが素晴らしい記者会見、(古賀さんは「感銘を受けた。」と書いていた)この記者会見が、テレビでは全く放映されない。

野党共闘の以降を示している宇都宮さんを、もう出馬したかのように取り上げて、

小池、増田、鳥越、宇都宮 の四氏をスタジオに招いている。

翌日になっても、それは変わらなかった。

本当に腐ってるな、テレビ。

と思っていた矢先、なんと産経新聞(web版)が上杉さんの会見を大きく取り上げていた。内容も、改ざんされてない公正なものだ。

こんなこともあるのかね。

(もしかして「票を割らせる作戦」か、それに見せかけた記事作戦か?)

そういや、こないだもマトモな記事書いてたな、産経web

<産経ニュース(web)>

東京都知事選・上杉隆氏出馬会見(上)】

「もう党利党略はうんざり」「財源はある。私は知っている」

東京都知事選・上杉隆氏出馬会見(下)】

古賀氏のサプライズ質問に「政策論争喜んで」「ネットで新しいスタイルの選挙をやりたい」と意欲示す