読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

今、石田純一さんの記者会見を視ながら。

マスゾエさんがいよいよ、って時に、

早々と通称櫻井パパを強烈プッシュしていた各局TV局。

言うに事欠いて官僚ならカネにクリーンだって?!

天下りに渡り、官官接待の末に「政治主導」とか言ってなかった?

自民党におべっか?

それにしては過剰すぎる異常すぎる。

なんて思っていた所、

彼(通称櫻井パパ)が電波オークションを潰した張本人(郵政・通信)だったことを知る。

マスコミってほんっとにマスゴミだな。

今、石田純一さんの会見を視ている。

テレビとネット中継と両方で。

予想外にマトモ。見直した。

父に似てる(顔も不倫も)ってだけで、今まで良い印象が全くなかった彼だけれど、

今画面に映っている石田さんは、ふつーの、只一人のオッサンだ。(あ、これは良い意味で。)

ああ、この人、育ちが良かったっけねってことを思い出す。

金持ち喧嘩せず。

しかし金持ちは貧乏人の暮らしを知らない。

しかし貧乏人はカネがいっぱいある状態に慣れてない。

トップリーダーとやらを選ぶのは、なかなか難しい。

石田純一さんが、自民党憲法改正案について、慎重にことばを選びながらも鋭く批判し始めた途端、

CM→別のニュースに変わったフジテレビ。

ネット中継では、石田さんの民主主義を死守しようとする静かなる発言が続いている。

一方、フジテレビは「石田さんってどうですか?」とスタジオの「あんまり、どうよ?この人?」という雰囲気を伝えている。

ほんっとにTVってゴミだな。