読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

分相応。満足と幸福。

俺様は頭が良くて優秀だ。

俺様はこの国を引っ張るリーダーだ。

だから公費を使うのは当然のこと。

それだけの貢献を、

俺様は十分にしている。

けど、本当にそう思っているのなら、

法スレスレに逃れるような、

ちまちました各種工夫を凝らすだろうか。

しかも自ら。

一方、自分が彼の立場だったらどうだろうか。

小役人や秘書やら税理士やらに色々入れ知恵されて、

最初こそ「え? いいの? 」と思っているものの、

そのうち、「それが当たり前」になってしまうのではないか。

当然のように、

家族旅行を経費で落とし、

視察と称して展覧会に行く様になるのではないか。

そう思うと恐ろしいので、

私は「偉くならない」を信条としているのです。

なんて書くと、

「そりゃ、負け惜しみでしょう」と言われそうですが、

そしたら「はい、そうです」と素直に応えられます。

然し乍ら、

「本当に偉い人とは、全く偉ぶらない人」

私の周りにはそういう人が少なからずおられるので、

「小者は偉くならないことだ」

と心から思えるのも事実です。

私は本当に人に恵まれているなぁと思います。