読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

吉野朔美先生死去

 

眠れず、諦めて郵便局へ。

 

糠付け仕込むか……

 

と「おてがる」が書いてあるテキストを探すが無い。

 

仕方無くWEB検索しようとブラウザを開いたら……

 

まだ、ことばができません。

 

 

 

 

徹夜続きで憲法集会は断念。

 

-----

f:id:mayuge-ane:20161031185637j:plain

写真1枚目:http://flowers.shogakukan.co.jp/[月刊flowers]様より

お悔み
吉野朔実先生がご病気のため4月20日にご逝去されました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

-----

f:id:mayuge-ane:20161031185722j:plain

写真2枚目:http://natalie.mu/comic/news/185845[コミックナタリー]様より

吉野朔実が病気のため4月20日に逝去した。

吉野は2月19日、大阪府生まれ。1980年、ぶ~け(集英社)にて「ウツよりソウがよろしいの!」でデビューし、その後の代表作に「少年は荒野をめざす」「ジュリエットの卵」などがある。

近年の活動としては、2003年から2014年まで月刊IKKI小学館)にて「period」を連載。4月28日に発売された月刊flowers6月号(小学館)には、読み切り「いつか緑の花束に」と、同誌の創刊15年を記念したインタビューが掲載された。また文学にも造詣が深く、本の雑誌本の雑誌社)では本にまつわるエッセイマンガ「吉野朔実劇場」を連載中だった。

-----

f:id:mayuge-ane:20161031185745j:plain

写真3枚目:http://www.webdoku.jp/[WEB本の雑誌]様より

【訃報】吉野朔実さん
本の雑誌」で〈吉野朔実劇場〉を連載中の吉野朔実さんが、ご病気のため4月20日にご逝去されました。  謹んでご冥福をお祈り申し上げます。... NEWS本の雑誌 本の雑誌特派員 - 5月2日13:00