読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

罵倒、もしくは追悼。

野坂の死が、じわりじわりと効いている。

ココロの穴は、

埋まるどころか、

じくりじくりと膿んできているようだ。

しんどい。

野坂との出逢いは、いつだったのだろう。

中学の頃だろうか。

以来、相当永い間、

古本を買い漁り、

読みふけった。

ある時阿佐ヶ谷で、

野坂塾というのがあることを知った。

小さな貼り紙を頼りにたずね、

その後何年か阿佐ヶ谷に通った。

あの年、

小沢昭一さんと、

永さんと、

野坂とで、

コンサートを開くと盛り上がっていた。

私たちもいの一番でチケットを買って、

当日を前に大いに盛り上がっていた。

矢先、

野坂が倒れた。

その後、

野坂塾が再開されることはなかった。

できることならば、

またあの阿佐ヶ谷で、

またみんなで集まって、

野坂のバカヤロー!!

チケット代半分返せ!!

と叫びたい。

そして、

ぽつぽつと、

彼の死を、

確認したい。

----

関連日記

おもちゃのチャチャチャ

・ 罵倒、もしくは追悼。(この頁です)

誰かとどこかで

「4歳と14歳で、生きようと思った」