読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

食い物選択の自由~アハハン♪

セブンーイレブン一家の食卓は、

かつての私の夢だった。

各自が好きな物を食べるという自由!

それが今、「中食」の登場で現実のものに!!

夢のような食卓だ。

私が子どもの頃、

私には多くの選択肢は無かった。

カールはチーズ味、

ラーメンはチャルメラ

このお店ではピラフ、

何もかも母に決められていた。

昔は横暴だと思っていたが、

最近は、

あれは母の愛だったのではないかと思うようになった。

「私がこれまでの人生を通じて ” これだ ” と判断したものだけをお前に与える」

こうした母の行為は確かに横暴だったが、

きっとあれは母の愛だったのだろう。

押しつけで何であれ。

子ども心は複雑だ。

アレが良いこれは嫌だ、

全く頑固に言い張るくせに、

一方では、親の顔色を伺っている。

親の喜ぶ答えを探っている。

つるっとしたそのデコチンの中では、

外側からと内側からの情報が常に洪水になっている。

ほんとに欲しいものなんて、

固まる暇が無い程に。

彼のおつむの中にはまだ価値という概念は出来上がっていない。

それよりも、

どうしたら母の胎内に戻れるのだろうかという、無意識の欲求で充満している。

隙あらば親に気に入れられようと狙っている。

親の顔色が曇ることは、彼の世界を脅かすことだ。

うるさいな、好きにさせてよ、という感情が本当に本物になってくるのは、

まだまだ先のこと。

※ タイトルは憲法第22条の歌のもじりで……

、3、