読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

女装の代償。(今日はバレンタインデー)

久し振りに女装。

と言ったら大袈裟で、

中身はスラックスにユニクロのトックリでいつもの庶民・男装スタイル、

その上に、lovelyでromanticなコートを着ただけですが。

しかしこのlovely&romanticなコートでは、

鞄を女物に変えねばなりませぬ。

鞄を女物に変えたらさて、時計もせねばなりませぬ。

同じくlovelyでromanticな時計は、はて、どこにやったでしょう?

……うん、可愛い。

やっぱりこのコートは、可愛いなぁ。

着たの何年ぶりだろう?去年は一度も着てないよな?

思ったより、似合ってる。

着ない間(ま)に、もう似合わなくなってるかもしれない、と思ってたけれど。

……大丈夫だ。

さぁ、出かけよう!

出かけてしまってから、爪を塗れば良かったと思い付く。

その時、私は「マニキュア」という存在自体を忘れていたことに気付いた。

今では毎日視ているテレビでは、

爪を塗った女優さんや化粧品の広告を目にしているはずなのに、

なぜだか私は「マニキュア」という概念が頭から抜け落ちていたのだった。

やっぱり長すぎた。

長すぎたよ、世捨て人生活が。

目的地に着いたら、

トイレに入ってグロスを塗ろう。

無色のリップクリームとグロスだけは、まだバッグに入っていた筈だ。

何年前だろう?

荷物を軽くするために、コンパクトも色付リップクリームも口紅も総てポーチから出してしまった。

それと同時に、ヘアブラシもスカーフも、レースのハンカチも持ち歩かなくなった。

ピアスは外した切り、ネックレスはポーチのポケットでくちゃくちゃに絡まってほどけなくなっている。

膝の半月板が悪化してからは靴もぺったんこ、

体が弱ってからは、着替えに薬に白湯に暖かいお茶……常に持ち歩かねばならなくなった。

外出は命がけ、

荷物は健康維持装置と仕事の道具で既に重量オーバー、

リップクリームとグロスはかろうじてポーチに残された、

「身だしなみ」アイテムだった。

それすらここ何年かはほぼ塗らなくなり、

つい最近も、グロスは「持ち歩きリスト」から外す検討をしたばかりだ。

全く女装は命がけ。

増えた荷物を持って歩いて

膝に水がたまり、足が倍にむくんでいた。

(いつもだったら、増えた荷物はリュックかカートに入れるけど、昨日は華奢なハンドバッグだったから、お店の紙袋のまま持ち歩いて居たので体にガタが来た模様)

熱が出て、寝込みそう……仕方ない、しんどいけど……みかんを絞って飲んだ。

一夜明けても足がガクガク、体がビシビシ、おまけにお腹を下してる。

女装は体力、

お洒落は気力、

スタミナ自慢の男性にこそ、是非、これらを楽しんで頂きたい。

※ この日、帰宅したら小包が届いてました。中身はチョコレート♡ありがとうございます。(今、16日のおやつに頂いてます)

女装の代償。(今日はバレンタインデー)の画像