読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

糸井重里にモヤモヤ。

・ 前のお話し「魔女の宅急便のパン屋さん。流通革命大量生産・大量消費はセットなんだよなぁ…と改めて思い、キキの背後に並ぶパンを眺めました。 ところで、この魔女宅ポスター(前回の日記)のキャッチフレーズを作ったのは糸井重里氏だったのですね。 なんと、「火垂るの墓」に続いて……遅まきながら今知りました。 「4歳と14歳で、行きようと思った。」(「火垂るの墓」)も、 「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」(「魔女の宅急便」)も、 ポスターに、このフレーズが印刷されているのといないのとでは大きく違う。 やっぱりイトイさんのコピーはすごい。 にも関わらず! テレビでイトイさんを視るとなんだかビミョー。 その、昭和42年生の持つモヤモヤを、かつてナンシー関さんが見事に代弁して下さっていたのでした。 つづく ※ 画像はナンシー関さんの「何をそこまで」から。webカメラで撮したら、歪んじゃいました(^_^;) 糸井重里にモヤモヤ。の画像