読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

一番好きなス入りぷりん

・ ひとつ前のおはなしはこちらです

私が一番好きなぷりんは喫茶店のぷりん、

子どもの頃、一度だけ入った、母の生家の近所の、

あの喫茶店のぶりん。

大昔は大変繁盛していたそうだけど、

その時には、すっかりさびれてすたれていた。

昭和レトロなんて、当時は誰も見向きもしなかった、

ただ、「ダサい」ものの象徴として、立っているのもやっとのように、建っていた(*)のだと思う。

そんな、人々が忘れかけたあの店に、何故、あの時、一家で入ることになったのか、

私の記憶の中ではとても珍しい、父も含めた団体行動だった。

きっと、法事が何かで父もいて、母が懐かしくていざなったのだろう、

店内はうす暗く、

出されたカスタードプリンは、なんと傷んでいた。

けれど、私はその姿に一目で恋に堕ちてしまったのだ。

初めて見る「偽物」では無いぷりん、

恐らく、「本物」のぷりん

美しいフォルム、

魅惑の肌理、

本体と一体化して、したたり流れるカラメル、

私のぷりんの完成形は、

今でもあの、腐った喫茶店のぷりんだ。

一口だけで取り上げられた、カスタード・プディングだ。

だからちょっとスが入っている。

あの、ちょっと焼きすぎて、

ちょっとスの入ったあばた状の肌理は、

粉のぶりんには無い、「本物」感の象徴なのです。

(*)この喫茶店はその後、程なくして閉店してしまいました。お店は取り壊されて更地になり、更に区画整理されて、「ああ、この辺にあったなぁ」と記憶をたぐり寄せないとならなくなりました。「立っているのがやっとのように建っていた」とは、そういう意味を込めました。

「ぷりん型考」につづきます。

------

写真1枚目:お店のプリンパフェ

写真2枚目:お家DEデコぷりん

写真3枚目:お家DEしか出来ない和皿DEデコっちゃったぷりん(^-^;)