読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

幸せの効能。

少し前、酷い目にあった。

酷い目というか、理不尽な目にあった。

その時は戦う元気が無かったので、一旦は泣き寝入りした。

文字通り泣いて2週間を過ごした。

けれど、泣き寝入りのイメージに反して、私はあまり眠れなかった。

最初の一週間はほぼ一睡もせずに昼も夜も泣いて、

二週目はふと眠りに落ちた瞬間に飛び起きる、ということが続いた。

三週目に入った頃から、ようやく日に一時間位は寝る様になった。

そして昨日は久しぶりにまとまった時間を寝た。

やれやれ、ようやく泣き寝入りだ……と思ったけれど、

気付いたら、私は既に長時間は泣かない体になっていた。

うっかりすると涙が出て来てしまうけれど、

鼻水をすするように、出かかった涙をすすることが出来る様になっていた。

嘘。

けど、感覚としてはそんな感じになっている。

もうじきまる三週間が経つ。

今の私には、

こんなにも長い間、

泣き暮らす事が許されている、

感謝したい。

心から。

それにしても、

こんなにも幸せで恵まれていると言うのに、

私は何故、こうも傷つきから逃れられずにいるのだろうか。

幸福は、

更なる不幸に転落することを予防している。

けれど、

幸福は、

直接的に傷つきを癒やしてくれるということは、無いとは言わないが特効薬にはならないみたいだ。

ただ、

自ら傷が癒えるための時間と空間を提供してくれる、

幸福とは、そういう風に作用するものだったのですね。