読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

東大名誉教授・石田雄氏 「戦争に向かった戦前と似ている」

<本文より抜粋(括弧内筆者)>

平和というのは最初は、非暴力という意味で使われる。

しかし、日本においては次第に東洋平和という使い方をされて、日清、日露、日中戦争において戦争の大義にされていく。

これは日本の戦争に限った話ではなく、ありとあらゆる戦争の言い訳、大義名分に「平和」という言葉が利用されてきたのです。