読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

御名御璽が無くても解散。

大義どころか御名御璽が無くても解散。

憲法7条をカサにきた解散から、

憲法7条すらも無視した解散。

もう、この国は法治国家じゃ無い。

先ほどテレビの画面に出ていた安部晋三は、

「世界の中心で輝く日本になろうじゃありませんか」と言っていた。

そんなこと望んでない。

少なくとも私は全く望んでない。

世界の片隅の極東で、つましく生きて行ければいい。というかどうか生かしといて下され。

日本を中心に描かれた世界地図、

子ども達に赤筆を取らせ、

侵略した国を朱塗りさせていたのは、

いつのことだったのだ。

まだ、記憶にある、つい最近のことではないか。

「世界の中心で輝く日本」とは、

やはりそういうことなのだね、

安倍晋三よ。

------

ところで、御名御璽の前にバンザイという行為は、「常日頃から天皇陛下万歳」の方々にとってもまた、大きなモンダイなのではないか?何故さわがないのだ?

天皇よりも偉くなってしまった安部晋三(と自民党)、もう手が付けられない。

あんたらのミエのために、国民はまた命を落とすことになるのだろうか。

(それとも官僚諸君のミエのため?)

------

「世界の中心で輝く日本を」ってコレか!……自民党ってマジなんだな。

------

☆ 関連日記 ☆

・ 「総理次第のこの国。

・ 「脱法解散