読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

年功序列VS成果主義

今日の週間リテラシーの話題は

年功序列VS成果主義

だった。

番組はちょっとしか視てないけれど、

番組に出演している人達は、ほぼ成果主義が良い、というご意見だった。

-------

カイシャ内の年功序列が、

生かさず殺さずのしくみならば、

成果主義は生かして殺してなんじゃないか。

しかも生かした人は出て行ってしまいかねない。

成果主義は働く仲間が敵になりかねない。

今や、競争する相手は外国の企業なのだから、仲間内で小競り合いしている余裕は無い筈だ。

和を以て尊しでやって来た方法が、もう立ちゆかないと云うのもわかる、

しかし、依然として日本は狭いのだ。

土地も無く資源も無く植民地も持っていないのに、何故そんなに贅沢が出来ようか。

少ない資源を分け合って食べていくしかないのではないか。

年功序列がダメだと云われた時、

何故成果主義と云う声が上がるのか、

何故、その二択なのか、

土地も資源も植民地も持ってる大国の方法が、

なぜこの小さな島に馴染むと云うのだろうか。

生かさず殺さずのしくみがもう古いと云うのなら、

その中身をちょっと工夫することを考えてみたらどうか。

私たちは知恵を出し合わなければならない。

私たちに本当に合う方法を考えなければならない。

大国の方法をそのまま入れることは出来ない。

なぜならば、

本来、この小さな島国では、何でも分け合って助け合って協力しなければ、

互いに喰って行くのは難しいからだ。

互いに生かさず殺さず生きて行くしか道は無い、

私はそう感じている。