読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

Hybrid 6とマイルドヤンキーとゆるキャラ(1)

キーワードに、Hybrid 6 全日本女子バレーボール新戦術を追加しました。 これまでもやって来たこと、あった事にわざわざ名前を付ける、 これってどんな意味があるんだろう? フジテレビは、 回転レシーブ、一人時間差、ひかり攻撃と、 それぞれの「新戦術」と金メダルとをセットにして、 Hybrid 6 = リオで金 のイメージを植え付ける戦略かなって感じなんだけど。 <最初はバレーボールのお話し> このHybrid 6 、選手達も練習はしてたけど、名前を聞かされたのは例の記者会見の日だったとか。 確かキャプテン木村選手のインタビューだったと思うけど、Hybrid 6 って名前がついたので 「選手も、より意識するようになった」 んだとか。 命名されたことによって、そのもやもやとした現象は、ひとつの塊として概念化される。 その塊は持ち運べる様になったり、加工出来る様になったりする。 つまり、敵方にも覚えられて警戒されたり、真似されたりする可能性もあるわけで。 ……まぁ、それで全日女子が手が付けられない位バンバン勝って、それが主流になる位になったらみんな真似するんだろうけど、今の所はきっと「日本がなんかやってらぁ」くらいなのかな?よくわかんないけど。 Hybrid 6 、最初はわざわざ新しい名前付けなくても…って印象だったけど、まぁ良かったのかな? つづく <関連記事> ・ KW:Hybrid 6 全日本女子バレーボール新戦術Hybrid 6 全日本女子バレーボール新戦術を考える。もう少し考える Hybrid 6 全日本女子バレーボール新戦術。さようならコンビバレーこんにちは新戦術。 ・ スピンオフ:Hybrid 6とマイルドヤンキーとゆるキャラ(1) (2)