読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

亡骸

死んだ人の亡骸が見たいなんて、

人間だけなんだろうか?

じゃあ、あれは?

道路の真ん中の、

轢かれた母猫に擦り寄る子猫は?

何里も離れた仲間に、

仲間の死を知らせるというサバンナの象は?

そんな事を考えながら飛行機の中で過ごす。

彼の気遣いで、座席は一段上のクラスになっている。

稼ぎの悪くない夫とご縁があったことに、改めて感謝する。

急な事だったので、切符も宿もレンタカーもかなりの高額になった。

夏のボーナスがふっ飛んでしまった。

それでも行っておいでと言ってくれた彼。

それでも行って、そこにあるのは死体なのに。

もっと嬉しいことに遣う筈の金だった。

二人で楽しいことに遣う筈の金だった。

これだけの金を独りで遣って、

行く先にあるのは、

恩師の亡骸だけなのに。