読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

敵と枕とヨイショと侮蔑。

世の中には敵と枕しか居ないような人がいる。

同寮の男はみんな敵で、

寄ってくる女はみんなセックスの対象としか見ていない。

正しく言うと、その人だってそれ程セックスしたいって思ってる訳じゃない、

ただ、

寝ないと落ち着かないんだろう。

こういう人と信頼関係を築くのは難しい。

いや、セックス為しに築くのは難しい、というか多分不可能だろう。

尤も、セックスした後だって、難しいんだけどね。

同じ様な人で、

常に褒めてないと落ち着かない、という人がいる。

こういう人には“普通の態度”が通じ無い。

過剰にちやほやしてないと落ち着かなくて、

ちょっとでもそれを怠ると、

こいつは俺をバカにしてる、

なんて誤解してしまう。

そうやって、怒っている内はまだ良いけれど、

それでも相手の態度が変わらないと、

今度は酷く落ち込んで、大変な事になったりする。

似たような人で、こんな人も居る。

いつも誰かを批判したり、小馬鹿にして、

自分には品があって、センスが良いと常に匂わせている。

というか、必要以上にアピールしている。

わざとそうしてるのか、

無意識にそうなっちゃってるのか、

わからないけれど、

つまりは相手を見下しているのだ。

こういう人の中にも、

常に褒めてないと落ち着かない人がいて、

それが叶わないと、

引きこもったり誰かを恨んだり鬱になったりしてしまう。

これらの人達は、

みんな私が、実際に会って来た人達だけど、

全員、私の中にも居る人達だ。

私は、私の中に、

鼻持ちならないインテリぶった慇懃なオッサンを飼っている。

私が、

女で、

童顔で、

チビだから、

ある程度容赦してもらってる、

ってことがあるんだろう、

って思ってる。