読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

ミシン4 ☆ またしても「足踏み様」に取り憑かれる。

(前のお話し。) 私が求めましたのは、 商品名を 自動糸調子 シンガーコンパクト電子ミシン MF-8200FSWI と言いまして、 つまり、 シンガーの、コンパクトサイズの、電子ミシン、しかも自動糸調子付き! ってことでしょうな。ん。 シンガーもコンパクトも電子も自動糸調子も、拙者、は、初めてですよ? 怖いです。 散々尻込みして迷った末にこのコに決めたのは、 ヘッダーについてる「自動糸調子」のスペックを見せつけるデモVを視たからでした。 だって、あぁた! 鬼厚のデニム生地→超ふにゃふにゃ極薄のレース生地をまたいで、 ダダダダダっと針がイッキに駆け抜けて行くんですぜ?! これ、ミシン業界?では有り得ないんですよ?! パリダカ走ってたラリー車が、そのまま途中からF1コースに乱入しちゃって、 セナもベッテルシューマッハもブッチ切ってチェッカーフラッグ受けちゃった、 そん位のショーゲキなんすよ?! もう、いい。騙されても。 ちょっと誇張されてるかもだけど、自信が無きゃここまで見せないだろ。 通販は怖かったけれど、もうそれを上回る期待感で注文してしまいました。 (ちなみにこの映像、妹にも見せたら速攻食いついてました。我が可愛い妹よ、焦るでない。姉が人身御供になったからね、これを貸して差し上げるから、ちょっとお試ししてみて、気に入ったなら買いなされ。) けど、届いてみたものの、やはり糸の通し方が判んなくて「足踏み様」が降臨、 「やっぱり、足踏みミシンじゃなきゃムリ~」 せっかく買った新品のミシンなのに、 結局、一度も使わず妹にレンタルしてしまいました。 つづく <関連日記> ・ ミシン1 ☆ つまんないやつ。ミシン2 ☆ 愛機遍歴ミシン3 ☆ 電気ミシンと電子ミシンとコンピューターミシン ・ ミシン4 ☆ またしても「足踏み様」に取り憑かれる。(この頁です。) ・ ミシン5 ☆ 例えるなら4WSとの出会い。ミシン6 ☆ ようやく電子ミシンを理解する。 ☆ 関連キーワード:シンガーのコンパクト電子ミシン ミシン4 ☆ またしても「足踏み様」に取り憑かれる。の画像