読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

錦織圭選手、8強ならず…

ウィンブルドン男子シングルス、

錦織圭選手、

順延の3回戦を辛くも勝ち進み、

続く4回戦は惜しくも敗れてしまいました。

錦織選手、試合後のインタビューでは、

試合に負けた悔しさがありながらも、

「芝でここまで出来た」とポジティブなご発言。

うんうん。そうだね。

と、ワタクシ、気持ちはもはやお母さんです。

ウィンブルドンでの錦織選手は、目に見えて逞しくなった様に見えました。

怪我も大丈夫そうだったし、

下半身も安定してる感じだったし、

スタミナも切れる様な場面はありませんでした。

順延にも負けない精神力もあったし、

ほんと、立派です。

試合にもし、は無いけれど、

あのジャッジが無かったら…

と悔しい思いです。

ところで、ウィンブルドンでは(私が応援している限り)二度程、

相手がもう取れないだろう、という時の返球が、

とっても甘くてあわや、という場面がありました。

野球で言ったら牽制球をヒットにされちゃう、みたいな場面です。

「油断しちゃダメ!」とハラハラしながらも、

「まぁ、いいか、うん」と見守る自分もいます。

「勝てば良いってもんじゃない」

「相手が負けてくれたから勝てたんだ」

子どもの頃、よく聞かされて育ったものでした。

最近は、またその意味を色々考え直しています。

<関連キーワード>

「松岡修造さんも!!」

そうか、圭クン、今は177cmもあるんだ…

☆ 写真はテニスデイリーさんのFacebookからお借り致しました。

錦織圭選手、8強ならず…の画像

錦織圭選手、8強ならず…の画像

錦織圭選手、8強ならず…の画像