読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

ツイッターとかFacebookとか

友人と話していて、

ツイッターとかFacebookとかやらないの?」

と問われたので、

「昔の男に刺されると困るから、やらない。」

と真顔で答えたら、

友人が笑ってくれたので、

「…って普段は説明しているよ」

と、ことばを付け足した。

そしたら友人が、

Facebookはともかく、ツイッターは匿名でも使えるし」

「あなたの分野では必要でしょう?やった方が便利でしょう?」

と、言いますので、

「うん、便利、便利、すっごく便利。みんな使ってる。」

「けど、私には、」

「私には、その能力が無いから。」

と言ったなら、

今度は、友人が真顔になってしまった。

私には、ことばだけで、しかも、活字だけで何かを伝える能力なんて無い。

って判ってる。

だから、分をわきまえて、

やらないって決めたんだ。

もしやったなら、きっと、とても疲れてしまう。

だから、やらないって決めたの。

と、ほんとのことを話した。

-----------

ツイッターFacebookが出て以来、

幾度となく親しい人からすすめられた。

けれど、その度に私が考えたのは、

やってみようかな?どうしようかな?ではなく、

どうやって許してもらおうかな?

だった。

当時、ツイッターFacebookを利用しない、という選択は、かなり不自然な行為と見られていたし、今でもそうなのだろう。

やってたけどもう止めた、という人は希にいるけれど、私の様に、最初からやらない、という人は私の周りではあまり見かけない。

友人の様に、仕事で使わざるを得ない、という人も多い様だ。

けれど、使っちゃいるけど、もう疲れた、という人はぼちぼち出て来た様なので、

近頃、私の“言い訳”は、

それらをやらない“理由”へと、

ゆるやかに格上げされつつある様な気がする。