読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

ナデシコの男性化。

ナデシコ・ジャパンこと、女子サッカー選手へのインタビュー。

外国チーム所属、日本の夫とはテレビ電話で会話。

インタビュアーに結婚後の変化をたずねられて、

「プレーにも集中出来る様になった。」

それを聞いてなんとなく、

「我が国の女性の男性化は完了した。」

と思った。

勿論、男性化というのはジェンダーという意味で、だ。

従来、男性が仕事に集中する事を期待され、結婚をすすめられるということがあった。

いわゆる「身を固めて」仕事に身を入れろ、ということだ。

ナデシコ選手のインタビューを聞いて、その中身がやっとわかった気がする。

要は「応援」だ。

自分の仕事を応援してくれる身内がいるのといないのとでは、やる気が違うってことだ。

それはきっと男女の関係無く、

そして勤めだろうが別のことだろうが、何でもそうなのだろう。

どんなことでも応援されたら人は嬉しい。

それが身近な人や自分が好きな人だったら尚嬉しい。

女性の昇進がしにくいとか、就職に不利だとか、結婚と同時に退職だとか、

そういうことも勿論あるだろう、

けれど、突き詰めてしまえばそういうことなんじゃないか。

つまり、これまで、女性はその働きに対して、応援されたり感謝されたりする機会が圧倒的に少なかったのだ。

ナデシコ・ジャパンの夫は妻を応援してる。

遠く、日本から。

外国で働く妻に向けて。

けど、

国を代表するスポーツ選手じゃなくたって、

賃金を得る仕事じゃなくたって、

夫が特別優しい人じゃなくたって、

女は、応援されたり感謝されたりするべきだった。

ナデシコ・ジャパンじゃなくたって、

大和撫子こそ、応援されたり、感謝されたりするべきだった。

今からでも遅くはない。