読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

母の顔

最近、母の顔になった。

母親の顔になったと言う意味では無い、

自分の顔が、かつての母の顔によく似ていると言う事だ。

勘定してみたら、なるほど、あの頃の母と同じ様な歳になっている。

母は26で私を産んだから、私が二十歳の時、母は今の私と同い年の46だ。

母の仕打ちは私が娘時代に差し掛かる頃から激しく、陰湿になって行った。

自分が日に日に老いて行くこと、

ひきかえ、娘はどんどん娘盛りに近づいて行くこと、

それは娘である私のせいではないけれど、きっと私の罪だったのだろう。

父の浮気がますます本気になって行くこと、

そのくせ、家では娘に色目を使い風呂を覗くこと、

これも娘である私のせいではないけれど、それも私の罪だったのだろう。

今、ふと鏡に映る横顔に、母を見る。

去年から今年にかけて、急に白髪が増えた。

顔もたるみ、皺も深くなった。

ああ、そうなったなぁとは思うけれど、かつての母の様に焦る事は無い。

若さとそれがもたらす美とは、私にとって災いとそれを予感させる恐怖でしかなかったからだ。

だから私は、母の前では、常に太った野暮ったい娘でいなければならなかったし、

そうすることが、私の義務であり安心でもあった。

今、老いて行く自分を見て、あの時の母の女心が判らないでもないけれど、

やはり私にはわからない。

若さと美は、今でも私にとって見えない恐怖を連れてくる。

だって私は、今でも母より26歳も若いのだから。

それはやっぱり娘である私のせいではないけれど、

今も私の罪なのだ。