読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

深夜のジャンクに付き合って。

マックの紙袋が変わってた。

厚みが出て紙質も良くなっている。

これまで二重に入れていたビニールの手提げ袋を廃止するため、その分、紙袋を厚くしたと言う事か。

紙袋だけで持ち歩く事を考慮したのか印刷にもデザイン性(?)が出ている。勿論、印刷も良くなっている。

母ならこう言うだろう、「エイゴばっかりでちっともわかんない。」

日本語フォントを排除するだけでオサレになるというこの不思議。

外袋を無くして内袋を厚くする。果たしてゴミの量が軽減されるか否かはわからないけれど、企業側としては管理する物品が減る分、コストダウンになるんだろう。

私は新しい紙袋をしきりにくんくんする。

中身は私は食べないが(家族が食べます)、紙袋の匂いをかぐのが好きなのです。

というか、紙袋が好きなのです。

というか、紙が好きなのです。

特に好きなのがハトロン紙。

今にも絶滅しそうに見えながら、

今日も控えめに使われている。

「昭和42年生」で下町育ちの私にとって、ハトロン紙は美味しい物が包まれている事が多かったのです。コロッケ、おだんご、生菓子…そして封筒貼り、と言えばハトロン封筒で、当時、貧しいことの象徴(内職の中でも特に稼ぎが薄い)として表現方法の一つになっていた様に思います。今なら何に当たるのかな?

深夜のジャンクに付き合って。の画像

深夜のジャンクに付き合って。の画像