読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

ブルータートルの夢(Dream of the Blue Turtles)

キーワードに「ブルータートルの夢(Dream of the Blue Turtles)」をupしました。 ------- 最近聴き直してみて、 あぁ、やっぱり私はスティングじゃなくってポリス(*)が好きだったんだ、 と確認したアルバムです。 嘘です。 スティング好き、大好き。 けど、やっぱりスティングのあの声にはポリスの曲がいいんだぁ。 今思うと、当時、何であんなにスティングのアルバムを、「何か違う」と思いながらも、出る度、出る度、待ち望み、喜んで買い続けたのか、理解出来ない。 でも、今回、思い出しました。 あの時─ポリスが解散してしまった時、もう二度と彼等の曲は聴けないんだと絶望していて、 そんな時、この「ブルータートルの夢」が出たんだって。 もう、あの頃は、スティング様がアルバムを出してくれるってだけで有り難かった。 でも、このアルバムで感じた「何か違う」と言う感覚は、次のアルバムもその次のアルバムもずっと引きずってた。 それでも当時の私には「買わない」「聴かない」という選択肢は無かった。 もうあの“ポリス“はこの世の何処にも存在しないのだ、ということが未熟な私には理解出来なかったのだろう。 一方、Oasisが解散した時は、「Beady Eye」の曲も「Noel Gallagher's High Flying Birds()」の曲も、私には追いかける元気が出て来ませんでした。 それらはいずれも、もう、Oasisの曲ではは無い、と知っていたからだと思います。 アルバムもバンドもライブと同じ、その時だけの素敵な偶然と必然の賜なのでしょう。 ビートルズもポリスもオアシスも、バラけてしまった後となっては、彼等がどうして一塊でいられたのか、むしろ不思議な位です。 その奇跡の一瞬に立ち遇えた事に感謝することだ、と考える私は確実に年老いて行っているのだ、と、今感じています。 * 「ポリス」って言うとバラカン先生に怒られちゃうんだよね。 ※ キーワード「ブルータートルの夢(Dream of the Blue Turtles)」はこちらです。 ブルータートルの夢(Dream of the Blue Turtles)の画像