読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

セイシュンの食卓―EASY COOKING COMIC

「昭和42年生」の私にとって懐かしい一冊です。 正にセイシュンの一冊。 妹の本棚で初めてこれを発見した時、正直、「うぇ~っ」って思いました。 マジ、こんなん喰えるのか?! って。 ところが今回、読み返してみたら、あらら?案外マトモぢゃん?! ジャンク、中食が市民権を得て久しく、 おうちご飯ではナマクラ流ズボラ派なんて流派?が支持を得ている時代、 ナマクラもズボラも手抜きも欲張りも恥ずかしいことばではなく、安心して口に出して良い世の中になっておりました。 『セイシュンの食卓』に掲載されたチャレンジメニュー(としか思えなかった)の数々は、時代を超えて、 現在(いま)見直すと、立派なレシピ本に見えるのでした。 うん。むしろ十分料理。 (あ、この本、装丁もちょっと変わってます。) ※ p.24-p.25の「デラックスミートソース」に挑戦しました。レポはこちらです。 <関連記事> ・ 『セイシュンの食卓―EASY COOKING COMIC』(このページです) ・ 「デラックスミートソース」にチャレンジ!(チャレンジ・レポ) ・ 『セイシュンの食卓―EASY COOKING COMIC』(日記) の画像