読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

おっぱいとハルク・6

・ 5はこちら けれど、多分違うだろう。 私の父も祖父も、胃弱でひょろひょろして小さくて、おまけに鬱病だ。 ヒットラーの世だったら、我が家はとっくに絶えてた家系だろう。 父似の私がもし男に生まれていたら、きっと彼等と同じく、胃弱でひょろひょろして小さかっただろう。その確率の方が高い。 そして父や祖父の様に、力仕事も大工仕事も出来ず、いつも床に伏せっていたかもしれない。 私は女に生まれたからこそ、むしろそこそこ元気で生きていられるのかもしれない。 結局、他人になんかなれないのだ。 他人になったら何か出来ないことが出来る様になるなんて、幻想だ。 今の自分に出来ないことは、きっと何になったって出来やしない。 やりたいことがあるのなら、今の自分のまま、今すぐやるしかない。 遅ればせながら、最近ようやくそんな風に思える様になりました。 ←5 ☆ 「おっぱいとじぇんだー。」 <関連記事> ・ 「おっぱいとハルク」、6 ・ 「おっぱいとじぇんだー。」(ためらい中)