読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

理系の人々─我が家の場合Vo.1「泡立て器」

(前置きはこちらです) 例えば泡立て器。 まだ二人がおつきあいを始めた頃でしょうか、 彼の家で仲良くホットケーキを作っていたのですが… タネを混ぜていた彼がちょっとやりにくそうに泡立て器を扱っていたので、 「あ、そこを持つよりも、ここを持った方が楽だよ」 と声をかけたのです。 すると彼曰く、「いや、ここを持つよりもこっちを持つ方がモーメントがどうのこうので、なんとかかんとかで…」と、何やらブツブツむつかしーことを言い出したのです。 (いや、いいんだけどね。やりにくそうだったから言っただけだし。ってかそんなに生地練らないで欲しいんだけど…) と、その頃はまだ彼とおつきあいを始めたばかりだったので、「まぁ、理系の人だし、こんなもんか」と思っていました。 ところが… つづく ※ 写真はこちらのレシピを参考にやってみました。 ------ 関連日記「理系の人々 ─我が家の場合Vo.0」 関連日記「理系の人々─我が家の場合Vo.1「泡立て器」」(このページです) 関連日記「理系の彼に終に切れる。(理系の人々─我が家の場合Vo.2「台布巾」)」 ☆ キーワード(書籍)『理系の人々─うっとうしいけど、憎めない』 理系の人々─我が家の場合Vo.1「泡立て器」の画像