読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハカジマイ。

今は無き、関心空間という空間からダイブして来ました。

せんそうのはなし

私は「昭和42年生」なので、戦争を直接知りません。

けれど、私が子どもの頃は戦争の話しをしてくれる語り部の人達が、身近に沢山いたのです。

ジャングルの中を行進したこと

強制労働で身体を壊したこと

飛行機から機関銃で狙い撃ちされたこと

毎日空襲警報に脅えて暮らしたこと

また実際に空襲で焼け出された晩のこと

焼夷弾で川が煮えたぎったこと

その川で沢山の人が死んだこと

翌朝の焼け野原のこと

闇米や炊き出しや配給のこと

箒に付いてる実まで食べたこと

傷口から蛆が湧いたこと

DDTをかけられたこと

終戦のその日まで、それでも日本は勝つと信じていたこと

みんな騙されていたこと

私の母を始め、語って聴かせてくれた人はみな、最後に必ずこう言うのです。

「戦争なんかだめだ。」

「戦争なんかしちゃいけない。」

「二度としちゃいけない、戦争なんて。」

<関連図書(キーワード)>

『憲法第九条』

『戦火の中のこどもたち』

『八月がくるたびに』

<関連日記>

・ せんそうのはなし(このページです)

新書と絵本と児童書と

せんそうのはなしの画像